セラミック治療とは

  セラミック治療とは

痛くない・噛めるというだけでご満足ですか? 変色した前歯や、奥歯の金属が気になりませんか? 今、機能を修復するだけでなく、本来の自然な美しい歯のように修復するセラミック治療が注目されています。セラミック治療で「より美しく、自然な歯を」取り戻すことを目的に治療される方が増えてきています。

「歯の色が気になる」「前歯の形を治したい」「前歯のすき間を治したい」「銀歯を白い歯にしたい」「歯並びをキレイにしたい」、また金属アレルギーにお悩みの方も。お口のお悩みは人それぞれです。

当院ではセラミック治療を得意としており、セラミック治療によって様々なお悩みをたくさん解決してきております。しっかりと現在のお悩みをお伺いし、適切な治療プランをご提案させて頂きます。まずはご相談ください。 


  セラミックとは

歯科で言うセラミックとは、医療用のファインセラミック(陶材)のことです。セラミックとは陶器と同じ種類の素材で、保険の銀歯のような金属の被せ物・詰め物に比べて、金属アレルギーの心配が無く、体に優しい生体親和性に優れた素材です。見た目も透明感があり、限りなく天然歯に近い色調を再現できます。また、保険のプラスチックの歯のように黄ばんで変色して見た目が悪くなることもありません。セラミックは、自然な白さ・透明感を再現できる素材です。経年で錆びたり、劣化したりせず、汚れも付きにくいため、二次むし歯や歯周病の予防にもつながる質の高い素材です。保険適用外の自由診療で、費用は被せ物の大きさによります。

セラミックインレー(セラミック製の詰め物)

セラミッククラウン(セラミック製の被せ物)


  当院では「メタルフリー治療」に対応しています

当院では、金属アレルギーや経年劣化、錆び、腐食、変色、歯肉への着色等を避けるため、歯科金属を一切使用しない「メタルフリー治療」を推奨しています。 現在、日本では健康保険適用で、ほとんどの歯科治療を受けることができます。しかし、健康保険適用の治療には厳格なルールがあり、使用できる歯科材料や治療方法も決まっています。むし歯を削った後の詰め物や被せ物では、金属やプラスチックが使用されます。特に金属の場合には、口腔内でイオン化・溶出し、体内に取り込まれることにより、金属アレルギーになるリスクがあります。同様に歯肉に取り込まれると、歯肉の黒ずみの原因にもなります。このようなことからも、当院では、歯科金属を一切使用しない「メタルフリー治療」をおすすめしています。

金属の被せ物

金属の土台(メタルコア)

先進のコンピューターCAD/CAM(Computer Aided Design/Computer Aided Manufacturing)システムにより、セラミックの歯を、機械であなたの歯に合わせてデザインします。体にやさしいセラミックを使用しますので、金属アレルギーの心配もありません。また天然歯に近いセラミックなので、ご自分の歯を傷めたりせず長持ちします。また、見えない部分(土台になる部分)にも金属は使用いたしません。グラスファイバーとレジンでの土台によって、全てにメタルフリーでの治療を行っています。

セラミックの被せ物

ファイバーポスト