矯正歯科の治療法や装置

矯正装置について

歯を理想的な位置に移動するための矯正装置には、以下のようなものがあります。

ブラケット

ブラケットは、1本1本の歯の表面に直接接着する装置です。
ワイヤーを通すための溝が付いています。
ブラケットに使われている主な素材には、金属(メタル)、プラスチック、セラミック、ジルコニアセラミックなどがあり、それぞれの素材には長所と短所があります。

  目立ちにくい 壊れにくい 汚れにくい
金属(メタル)
プラスチック
セラミック
ジルコニア

目立ちにくい、壊れにくい、汚れにくい材料を選ぶ場合は、ジルコニアセラミックがお勧めです。

ワイヤー

ワイヤーはブラケットの溝にはめて、歯を動かす金属線です。
ワイヤーには大きく分けると、断面が丸いラウンドワイヤーと四角いレクタンギュラーワイヤーがあります。細いものから太いものまで様々な種類があり、治療の過程の応じてワイヤーを使い分けていきます。

結さつ線

ワイヤーをブラケットに結びつけるための細い金属線です。
ワイヤーとブラケットが結さつ線によって結び付けられて、初めて歯に力がかかります。
結さつ線の変わりに輪ゴム状のものもあります。

マウスピースを使った新しい治療法

マウスピース矯正は、透明の装置を使った新しい矯正治療です。
取り外しが可能で、痛くなく、お仕事などで昼間の装着が困難な方、金属アレルギーのある方でもこの矯正治療は可能です。ワイヤー矯正である副作用(歯根吸収等)はほとんどありません。マウスピース矯正治療では症例によっては抜歯またはスリット(歯の形をととのえる)を行います。

治療期間について、平均的には2年ぐらいです。抜歯した場合のほうが治療期間はより短くなります。
また、マウスピース矯正は抜歯やワイヤー矯正から変更するケースでも治療は可能です。

マウスピース矯正に関するQ&A

● マウスピースを装着して痛くないですか?また、会話はできますか?
痛みは無いですが、つけたときに多少の違和感や、圧迫感があります。ですが数分後には気になりません。個人差はありますが、多少はしゃべりにくいと思います。
● 食事の制限はありませんか?
食事の制限はありません。お食事をされるときマウスピースをはずしていただきますので、普段どおりの生活をしていただいて結構です。
● 一日にどれくらいの時間装着をしていればいいですか?
また、どれくらいの期間がかかりますか?
その方によって異なりますが、通常1日15~20時間、普通の症例で1年半から2年半くらいが多いようです。抜歯するかしないかなどで異なる場合もあります。
● 治療費はどれくらいでしょうか?
その方の歯並びにもよりますが、これまでの矯正治療と変わりません。