インプラント治療の流れ

全身状態、生活習慣、歯を失った経緯、レントゲン、歯の模型、口腔内写真撮影

以上 による十分な診断の後、現在の状態および、インプラント治療に関する説明をいたします。インプラント治療が適していると判断し治療方法に納得していただいた上で治療に入ります。

1.インプラント相談 治療に関してのカウンセリングを行います。様々な事柄を患者さんと話し合います。 何でもお気軽に相談ください。カウンセリングは無料です。
 
2.インプラントの具体的な説明 インプラントを埋め込む箇所の骨の状態、歯肉の状態、噛み合せなどの診察を行います。 レントゲン撮影、CTスキャナーによる撮影、口腔内写真撮影、噛み合せの診査を行い、それに基づき治療計画を立て、シュミレーションを用いて十分に患者さんと話し合いをします。
お口全体の立体画像を用いて、欠損部の骨の状態、インプラントのサイズ、骨造成の有無などについて説明いたします。
 
3.術前処置 歯周病、虫歯治療、不良な被せ物の除去等を行い、口腔内の衛生状態を良好にし、インプラントをより安全にすすめるための準備をします。
 
4.インプラント手術 診断計画に従い、インプラントの歯根になる部分を埋入します。
 
5.手術終了 患者さんの手術後の状態を確認して、術後の諸注意を説明し、帰宅となります。手術は、症状によりますが1時間程度です。
 
6.手術後の消毒 翌日、手術部位の消毒を行います。
 
7.治療期間 患者さんの状態により、1ヵ月半から3ヵ月程度です。術後1週間程度で抜糸できます。インプラントの状況により仮歯を製作します。
 
8.最終的な被せ物の装着 全体の噛み合せを整え、最終的な歯を被せます。
 
9.定期健診、メンテナンス 最終的な歯を被せても、これでインプラント治療は終了ではありません。 インプラントを長持ちさせるために、メンテナンスを行います。口腔内指導を行い、患者さん自身で口腔内を清潔に保つことが大切です。
また、定期健診(1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後)で噛み合せのチェックを行い、歯肉や骨の状態を見たり、被せた歯が機能しているか検査をします。